腎臓病は治せる時代が到来|食事療法で改善!

シニア

腎臓が悪くなったら

男女

腎臓は、食事として摂取椎体内でエネルギーとして消費された結果で出来てしまう老廃物が余分な水・食塩などを排出する役割があります。腎臓病になると、これらの排泄がうまく行かなくなるため食事療法が必要となります。

Read More..

腎臓に関わる疾患

和食

腎臓病は、腎臓機能が低下してしまう疾患です。腎臓病になってしまった場合には、食事療法が大切になります。具体的には、タンパク質や塩分の摂取を控えることが大切です。腎臓への負担を和らげることで、症状の悪化を防ぐことが出来ます。

Read More..

基本となる食事

病食

食事は重要

血液を濾過し、尿の生成を担う腎臓は、人間が生活するうえで大変重要な役割を果たしています。腎臓病は、腎機能の中核を担う、糸球体や尿細管の働きに影響が出る病気です。その原因はさまざまで、大きくは遺伝、食事、ストレスが考えられます。言うまでもありませんが、複数の原因を抱え込んでしまうと、腎臓病になりやすくなります。例えば、ストレスが多いからといって暴飲暴食をすることは、絶対にやめるべきと言えます。逆に、遺伝で腎臓が弱いという方でも、食事やストレス回避に気を使うことで、避けることも可能です。それだけ、食事に気を使うことは、腎臓にとって重要なことなのです。なお、腎臓病には急性タイプと慢性タイプがあり、急性タイプは機能が回復する可能性もあります。一方、慢性タイプに対しては、食事療法や運動療法、薬物療法などで進行を遅らせることが基本治療となります。

3つのポイント

このように、腎臓病に対して食事療法は欠かせません。進行を遅らせるうえでも、腎臓病を予防する意味でも重要です。そして、食事療法では、3つのポイントを守る必要があります。まずは、塩分を控えることです。正常な腎臓は、塩分の排泄機能が整っていますが、腎臓病の場合、そうはいきません。高血圧が原因となる病気を避ける意味で、塩分は控えなければなりません。また、タンパク質を抑えることも重要です。タンパク質は、分解されると老廃物が出ます。つまり、タンパク質の摂取を控えると、その分腎臓の負担を減らすことができるのです。3つ目のポイントは、カロリーはしっかり摂ることです。炭水化物や脂質を中心に、効率よくカロリーを摂らなければなりません。このように、腎臓病の食事療法では、医師の指導のもとで、3つのポイントを守らなければなりません。最近では、腎臓病患者向けの食品やサービスも多く見られます。例えば、低タンパク米や減塩醤油、レトルトなどの食品、そして宅配サービスなどです。このような食品やサービスを用いると、しっかりと食事療法を行えます。なお、お忙しい方は、レトルトや宅配サービスを活用すると、時間の節約ができます。

腎臓の働きと病気

介護

腎臓病は「物言わぬ臓器」と言われる程、自覚症状に気付きにくい病気です。ただし、早期発見・治療で改善がみられたり、進行を遅らせる事ができます。また、腎臓病には、食事療法が効果的です。特にタンパク質の食べ過ぎを気をつける事で、腎臓への負担が少なくなります。

Read More..