腎臓病は治せる時代が到来|食事療法で改善!

男女

腎臓に関わる疾患

和食

腎臓機能の低下

腎臓は、体中から運ばれてくる栄養素を不要なものと体内に留めるものに分けるという重要な役割を果たしています。しかし、腎臓の尿細管が何らかの原因で損傷してしまうことで、腎臓の働きが阻害されてしまうことがあります。その状態を腎臓病と呼び、多くの人がかかっている疾患です。腎臓病には様々な種類がありますが、中には一度腎臓機能が失われてしまうと二度と戻らなくなる慢性腎不全という種類のものもあります。慢性腎不全になると、腎臓機能を人工的に調整する透析と呼ばれる治療を受け続けなくてはならず、身体的にも金銭的にも大きな負担となってしまいます。そのような腎臓病を予防、改善するためには、食事療法による治療が重要となってきます。

工夫して食事をしましょう

腎臓病患者にとって大切なのが、食事療法です。腎臓機能が低下している状態では、通常通りの食事内容では腎臓にさらに負担をかけて症状を悪化させてしまう恐れがあるため、注意が必要です。そして正しく食事療法を行えば、症状を和らげ進行を防ぐことにつながります。具体的には、タンパク質と塩分を控えるように心がけましょう。これらの成分は、腎臓の働きを促してしまい、体に悪影響を与えてしまう可能性があります。しかし、摂らなすぎてもエネルギー補給が出来ないため、バランスの良い量を摂取することが大切です。そのため、栄養価表や、塩分カット調味料、宅配食などを利用することがオススメです。適切な食事療法のためには、様々な工夫が必要です。